前へ
次へ

秋バテ肌は秋野菜を食べる美容法でリセット

季節の変わり目は寒暖の差や陽射しの変化もあり体調を乱しがちですが、同時に肌のコンディションも崩しがちです。
気温の差が激しくなるのは夏から秋にかけての変わり目であり、体内では自律神経まで乱れてしまいます。
結果的に体と肌の夏バテならぬ、秋バテになりかねません。
不調としては疲労感を感じたり、なぜかとても眠くなったりしますし、お肌はやたらと乾燥をしたり吹き出物ができたりと踏んだり蹴ったりです。
それらはいうなれば夏疲れの後遺症であり、夏の強いストレスが体と肌の不調にあらわれています。
夏が終わってホッとしているのもつかの間、しっかりと美容ケアをしておかないと、不調は秋口に入り一気に出てきがちです。
真夏のサッパリ化粧水をしっとりタイプに変えるだけではなく、内側からの美容に取り組むことも必要です。
秋バテは栄養でリセットするのが得策であり、旬を迎える秋野菜を食事に取り入れます。
食物繊維やミネラルにビタミンもたっぷりの、秋野菜の芋類やキノコなどを食べて、キレイ復活の味方にすることです。

Page Top